世間の皆様の平均のクレジットカードの保有枚数はどれくらいなのか

現代においてクレジットカードを知らない人はいないでしょう。そこで今回は少しばかりクレジットカードの保有枚数について調べました。最近のデータですと、クレジットカードの保有率は全世代(20代以上より)8割を超えています。クレジットカードの保有枚数は平均3.3枚だそうです。私が個人的に思うのはクレジットカードは1枚あれば足りるのではと考えます。あまり多く持っていても、使いどころが見つからないからです。ポイント還元とかをうたっている会社があったとしてずっとその会社のクレジットカードを使っている人は多くはないでしょう。私は断言します。使用頻度が多いクレジットカードを残し、逆に少ないクレジットカードは破棄、もしくは解約等をしておくべきです。

クレジットカードを上手く使えばお得です

ほとんどの人が一枚はクレジットカードを持っているとは思いますが、クレジットカードは使うと後で請求が来るのでどうしても使いすぎてしまい使わない方も多いですが、実は上手に利用するととてもお得なのです。あまりカード会社のサイトなどを見ない方は御存知でない方も多いと思いますが、クレジットカードにはポイントが貯まるシステムになっていて、購入額に応じてポイントが付与されます。そしてそのポイントを貯めると様々な商品や商品券に交換できますので、クレジットで購入した分が何円かバックされるので現金で購入してそのまま何もないよりは非常にお得な感じがします。クレジットカードを使えない様なスーパーなどもありますが、大手のお店は大体使用できるので上手く日々のお買いものの際に活躍させましょう。

更新前にカードの変更判断をしよう

クレジットカードは、期限を経過すると使えなくなってしまいますが、その更新が可能となっています。更新をすることで、カードを継続して利用できる反面、新しいカードへ変更するチャンスが生まれています。変更したいと考えている場合は、クレジットカードの更新を取りやめて、新しいカードに変更する方法を採用することになります。一部のカードでは、更新の際にキャンセルをすることが可能となっていて、継続して利用する意思が無い場合は、カードを更新しない手段を取ることができます。こうして、クレジットカードを新しいものに変更することで、もっとポイントを貯めやすくしたり、使って得をするものに変更すれば、さらにカードを使う機会が増えます。

旅行好きなのでエアラインクレジットカードを使っています

海外旅行をするのが趣味なのでクレジットカードはJALのマイレージバンクのクレジットカードを使っています。買い物をするたびにマイレージがたまりますし、公共料金の支払いもクレジットカードで行っているので知らないうちにどんどんマイレージがたまるので、あっという間に国内線の無料航空券やJALショップの商品券やホテル宿泊券など様々な特典に交換することができて色々とお得です。また海外旅行をする時もJAL利用時だけでなく、ワンワールドアライアンスの提携航空会社利用時のマイルも加算してもらえるので一度の海外旅行で1万マイルとか2万マイルもあっという間ですから、国際線の無料航空券も意外に必要マイル達成もスピーディーです。国際線の無料航空券がもらえるのは旅行好きにとっては最高にモチベーションアップにつながるので、航空会社系のクレジットカードは旅行好きには絶対におすすめです。

毎月の固定費はクレジットカードで

クレジットカードの使い道といえば、買い物の支払いをまず思い浮かべるかもしれません。確かに買い物にクレジットカードは欠かせませんが、毎月の固定費の支払いにもクレジットカードは非常に役立つアイテムなのです。例えば、ガス代や電気料金の支払いです。こうした支払いを振替で支払ったり、その他直接振り込むことで支払いを完了させる方もいますが、それでは毎月面倒です。そこでクレジットカードを登録しておけば、面倒な作業を行うこと無く支払いを済ませることが可能なのです。同じように、携帯電話の料金などもクレジットカードで支払いを済ませることができるでしょう。面倒な支払い作業を簡単に終わらせるためにも、この方法を選んでみてはいかがでしょうか。

人気の楽天カードの魅力とは

宣伝などもよくされていて、楽天カードを目にする機会は多いと思います。ユーザーが多いということで、ネガティブな意見も目についてしまうものですが、それ以上にお得なカードとして定着しています。楽天カードは、ポイントの還元率がいいことが有名ですよね。特に楽天市場など楽天のサービスを利用する人は、かなりお得に買い物できると思います。楽天のサービス利用者だけでなく、街で使ってもお得になるキャンペーンなども多く、楽天カードのホームページを覗いても、いつも何かのキャンペーンが開催されています。電子マネーを組み合わせれば、さらにお得に買い物できます。年会費もかかりませんし、入会する時にも高額なポイントがもらえるので、色々な情報を見ながら、お得に使ってほしいカードですね。

クレジットカードを利用しながらの家計管理

我が家では、クレジットカードを最大限に利用し、ポイントを貯めています。還元率は1.25%と高くはないですが、ポイントを貯めると請求額から差し引くことが出来るので、ポイントの消費方法に惹かれて現在のクレジットカードを選びました。ケータイ代・光熱費などの固定費に加え、食費・日用品などの生活費、年に数回の大型出費など、全て1枚のカードで利用をし、ポイントを集約しています。我が家は共働きなのですが、クレジットカードを利用することにより、家計簿アプリとも連動しているので、自動的に入力・項目の振り分けを行ってくれ、とても便利です。現金派の方が節約効果は高いと言われていますが、私がフルタイムで働いている限りは、クレジットカードを主とした生活は辞められません。ポイントを貯められるだけでなく、家計簿の手間削減・銀行の入出金業務の削減と、時間を節約出来ているためです。

クレジットカードの枚数とおすすめ利用法

クレジットカードは最初に作ったときには一枚で十分かもしれませんが、後々でクレジットカードを増やす機会があるとどのようなカードがいいのかと迷ったり、何枚持てばいいのかが分からなくなったりしますね。今回はそんなクレジットカードの複数持ちに関しての様々な噂などをお話ししていきたいと思います。

まず最初にクレジットカードを複数枚持ちたいと思ったときに気になるのが審査の基準ですが、基本的には一度に多くの枚数を同時に申し込むのはあまり良い印象を持たれません。各種クレジットカードは入会特典などがあるため、そのような目的のみで申し込んでいるという印象を持たれるほかにも、多くのクレジットカードを申し込むということは返済能力に関しても疑わしく思われてしまうからです。そして次に気にしたいのがキャッシング枠の存在である。このキャッシング枠に関しては持っているカードの合計が一定以上であると審査が難しくなるというのもあり、こちらはキャッシングなどで有名な総量規制という年収の1/3制限での貸し付けというのがあるため、複数枚持つ場合にはキャッシング枠の合計が1/3以上を超えないようにした方が審査には通りやすくなります。

このようにクレジットカードを複数枚持つ場合には審査条件なども異なってきますので、ご利用や入会はご計画にということですね。
それでも、複数枚持ちたいという方には、利用用途によってクレジットカードを使い分ける事ができるかどうか考えた方がよいかもしれません。まずは、メインで利用するメインカード。そして、特定のスーパーやガソリンスタンド等の割引に利用するサブカードなど、利用する場面でクレジットカードおすすめを選んで作れば、作ったあとで利用しなくなってしまうクレジットカードが発生すること防げます。

また審査面を気にするならキャッシング枠をつけなければ審査に通りやすくなります。

超便利!ふだん使うキャッシュカードをクレジットカードに!

ふだん取引している地元の銀行「伊予銀行」のキャッシュカードを持っていました。数年前にサービスの一環として始まった「IYOCA」を勧められ、クレジットカードを作ることに。最初はクレジットカードを複数枚持ちたくないのが本心でした。しかしキャッシュカードとクレジットカード両方の機能を持っことで非常に便利に。しかも休日のATM手数料も無料になります。水道や電気代などの公共料金を引き落としにすると年会費も無料です。さらにクレジットポイントがたまります。夫のIYOCAを支払いのメインとしているため、気づけばポイントがたまっています。ポイントは商品交換のほかにポイント移行サービスも受けられます。私はいつもEDYにポイントを移行しています。おやつ代くらいになるので、ちょっとしたご褒美が買えます。使用頻度の高いクレジットカードを持つことは便利だなと感じています。

みずほマイレージクラブカード

みずほマイレージカードを使っています。みずほ銀行のキャッシュカードにも使えて、さらにANAのマイレージカードとしても使えるので、かなり便利です。利用料に応じて永久不滅ポイントもたまり、溜まったポイントは色々な特典に使えるのでかなりお得ですね。飛行機にのるときも、インターネットで購入手続きをして、このカードをかざすだけでEチケットの発行ができ、時間もかなり短縮できて助かっています。とくに荷物を預ける必要がなければ、このカードだけでチェックインも完了出来てもう飛行機に乗れてしまうのですから使わない手はないですね。ただ一つ不便に思っているのは、キャッシュカードとクレジットカードの切る方向が違うので、それが紛らわしいです。よくキャッシュカードとして利用したいときに、まちがえてクレジットカードのほうで切ってしまい、カードが付き返されて手間がかかるので、そこは面倒だなと思いますね。